抗がんサプリメント

抗がんサプリメントの種類

抗がんサプリメント

抗がんサプリメントの種類
抗がんサプリメントと呼ばれるサプリメントは多種多様で明確なデーターは存在しません。
ですから、比較的医療現場でも用いられているものに絞って解説をしていきます。
まずは、ビタミンCです。高濃度のビタミンCは既に医療現場でも用いられています。
ビタミンCの抗酸化作用が活性酸素を減少させる事が知られているためです。
また、水素系のサプリメント(水素水等)も抗酸化作用があるため、一部の医療現場では利用されています。
また、プロポリスも抗がん作用があると言われています。
日本ではそれほどポピュラーではありませんが、海外ではポロポリスを治療のメインとして使用しているクリニックがあります。
マイタケエキス。マイタケエキスも一部の医療現場で使用されています。
重水素減少水。天然界には水素の分子量が1多い重水素が必ず存在していますが、この重水素を極力減らしたものが、ガン治療に効果があるとの報告があり、一部の医療現場では利用されています。
がんに効果があると言われているものは、書ききれないくらいの種類があります。どれが人に効くのか?
試してみなければ分らない・・というのが現状です。


人気の抗がんサプリメント

売れている抗がんサプリメントはこちら
調整中





放射線や抗がん剤の効果を妨げるサプリメント

抗がん剤 サプリ
放射線や抗がん剤治療の際にその効果を妨げるサプリメントがあるという報告があります。これに関しては決定的な判断が出来ない状態で、よく分らないというのが実際のところでしょう。
医師によっては、サプリメントの類は一切使用してはならないという方もいれば、積極的に使用することを勧める方もいます。
特に大学病院のような医療機関では、サプリメントの類を一切認めていないところが多いのも事実です。
例えば、水素は特異的に活性酸素を除去することが知られていますが、このようなサプリは抗がん剤などの治療中に、ガン細胞を死滅に追いやる活性酸素(フリーラジカルとなった酸素)の活性を低下させてしまう恐れがあります。
しかし、水素サプリの使用を推奨する医師もいます。この理屈で言えば、全ての抗酸化物質を摂ってはいけないことになるのです。また、抗がん剤の血中濃度に影響をあたえるものも存在します。
ハーブ系のサプリにこの効果が高いと言われています。放射線や抗がん剤での治療中にサプリを併用するかどうか、医師の考え方にもよりますので、医師と相談しながら使用する事をお勧めします。


抗がん効果が期待できるサプリメント
抗がん効果があると言われているサプリメントは、世の中に多数存在し、どのサプリメントが効くのか?よく分らないのが現状です。
そもそも、抗がん剤ですらガンによっては数パーセント程度の効果しかないものもあります。
これは、ガンが組織として塊を作っていても、同じ細胞の塊というわけでは無いからです。
つまり、その中の一つに効果があったとしても、他の細胞にはきかないのです。
しかも、通常であれば癌の塊は5種類以上の細胞から形成されています。かつ厄介なことに、一つの細胞が消滅しても細胞の表面に出ている抗体(免疫はこの抗体でガンを見分けています)がどんどん変化するのです。
ガン細胞が抗がん剤などに耐性をもつのは、このように表面の抗体が変化してしまうために起こります。
つまり、ガンに効くと期待できるかどうかは、人によってガン細胞が全然違う以上、使ってみないと分らないとしか言えません。
学術的な根拠がある抗がん剤ですら、効くかどうかは使ってみなければ分らないのですから。
更年期障害に効く更年期サプリ

抗がんサプリメントを使うときの注意点
現在、がん治療の現場では、医薬品と抗がんサプリメントの併用が勧められることがあります。
もちろん医師から処方されて医薬品と併用をするのであれば、なんの問題もありません。
しかし、自分の判断で抗がんサプリメントを使う際には注意が必要です。
なぜなら、こうしたものの中には医薬品に大きな影響を与えるものがたくさんあるからです。
そうしたことを知らずに早く治りたいと考えて使ってしまうと、処方されている医薬品の効果が半減してしまったり、逆に効果が増幅されて体調を崩してしまったり、重篤な副作用が出てしまう可能性などがあるのです。
また手術を受ける可能性があるのであれば、血液凝固に関わる作用があるサプリは大出血を招いてしまうリスクが高くなるので絶対に使用はできません。
サプリメントは手軽に購入できて摂取できる身近な存在ですが、がん治療を受けている最中に使う時には、自分一人で決めてしまうのではなく。医師や薬剤師に使っていいのかどうか相談をするようにしましょう。
オーラクリスターゼロ
オーラクリスターゼロの購入なら@口臭予防スプレー


人間ドックでがん検診
人間ドックでよく言われるのは、早期のガンを発見するものだということです。
血液検査・血圧・そしてがん検診が、人間ドックの基本です。
ガンと言っても、胃がん、肺がん、大腸がん、乳がんなどたくさんのガンがありますが、自覚症状が出てからでは手遅れになってしまいますので、年に1度は必ず自分の身体の状態を知っておきたいところです。
人間ドックの窓口@人間ドックの予約なら では、人間ドックの基礎知識をはじめ、人間ドック予約も可能です。


抗がんサプリメントの効果と副作用
抗がん効果 期待
がんのステージ末期となった患者に代替療法が医療の側面として行われるようになり、末期がんの患者にもかすかな希望が持てるようになりました。
代替療法は、抗腫瘍効果などが期待できるワクチン接種(NK細胞)やサプリメント摂取、高濃度ビタミン療法など、他にも色々な方法で行われています。
ただし、代替療法は、あくまでも可能性として効果が期待できるということで、西洋医学のようなエビデンスの確立がないため、上乗せの効果を期待する目的や、西洋医学で治療の限界を突き付けられた患者が、あらゆる可能性を求めて取り組むことが多いのでしょう。
プロポリスやアガリスクなどのサプリメントに抗がん作用があると言われ、また、抗がん剤とは違い副作用のない夢の治療と思われがちですが、すべてのがん患者に明らかながんの極小化や消滅することが約束される治療ではなく、西洋医学の治療から免疫治療にシフトチェンジし、治療に取り組むということです。
費用の問題もあるのと、消化器系に副作用が出ることもあるため、必ず医師に相談しなければいけません。