サプリメントは抗がん剤とは違う

サプリメント 抗がん剤 違い

サプリメントは抗がん剤とは違う

サプリ(サプリメント)が抗がん剤とは違う点は明らかです。

よく、抗がん剤には副作用が存在し、サプリには副作用がないと言われます。

とくに、近年サプリの販売市場が巨大ビジネスとして形成すると、「がんが消滅する 」 「副作用のないがん治療」などの文言で宣伝されていることがあります。

また、がんの形成メカニズムが、遺伝子の変異によるものであることが分かると、変異した遺伝子の修復が目的でサプリが売られるようなこともあります。

まず、確実に違う点としてサプリは健康補助食品であり、医薬品ではありません。

医薬品でないことが、確かな効果がないということも言え、しかしながら上乗せの効果として期待できるものではあるでしょう。

しかも、がん治療の化学療法に存在する副作用が体力を衰えさせる、悪の治療と言われることがありますが、化学療法に存在する副作用は主作用を高めるために医師によるコントロールが行われ、継続して副作用が出ないような最善も尽くされます。

サプリメントには副作用がないかと言えば、致命的なものは無いにせよ、消化器官の不具合が報告され、エビデンスにおいては圧倒的な違いがあり、費用が高額になるのもサプリと言えるのでしょう。

抗がん剤の治療を楽にするサプリメント

抗がん剤の治療を楽にするサプリメントの選択は非常に難しいのですが、吐き気などによる食欲不振や栄養不足を防ぐためにビタミン剤などをサプリメント 抗がん剤 違い用いたり、アミノ酸を含んでいるものを服用することも効果的なのですが、抗がん剤による副作用が激しい場合は、他の抗癌剤を服用するなどの別の選択肢を医師と相談して提示するべきで、サプリメントではあまり効果が見られない可能性があります。

また通常の場合は点滴などで栄養素や水分を補給するので、それだけで十分に対応することができます。サプリメントの成分は医療用の点滴などと成分が同じことが多いので、過剰摂取になる可能性があり、そのために服用する場合は、医師に相談をする必要があります。

またハーブを含んでいるものは、薬との相性が悪いものも存在するので、薬剤師に相談をして、治療の妨げにならない物質かどうかを判断する必要があります。

一般的に抗がん剤の治療を楽にするには薬を変えることが一番効果的であるとされています。