動脈硬直が原因で始まる恐い疾患

中性脂肪やコレステロールが高くなると、それによって動脈が固くなったり詰まったり講じる症状が起こります。
そういった動脈が弾性や張りを失って要る進度が動脈硬直ですが、動脈硬直が起こるといった血の流れが悪くなり、これが様々なこわい病の原因となります。
例えば心臓の筋肉に血を届ける冠動脈が硬直すると、血行の乱れや血管の狭まりが起こり、心臓の筋肉に酸素が不足して胸に強い疼痛が起こる狭心症を引き起こします。
また冠動脈の血管の困難にコレステロールなどが溜まってできたプラークが撃ち破れると、血行が絶たれて心臓の筋肉が死ぬ心筋梗塞になります。
また動脈の硬直が脳の血管で起これば脳梗塞が引き起こされるケーし、下半身、何より足の動脈が硬直すれば、場合によってはあるくだけでも痛みが出るようになる閉塞性動脈硬直症になる事もあります。
動脈硬直は大事の不安を伴う様々な病が始まる端緒ともいえる病ですので、普段からそうならないみたい注意して生活していかなければなりません。