抗がん剤と併用できるサプリメント

抗がん剤と併用できるサプリメント

抗がん剤治療中に抗がん剤の効果を高めると言われているサプリメントがあります。

EPAやDHAもその一つです。EPAやDHAは、過剰に増えたプロスタグランジンを抑制する効果があります。

プロスタグランジンが増えすぎると、ガンが増殖したり、細胞のガン化を促進する事が知られています。

DHAやEPAに抗がん作用があると言われているのはこのためです。

臨床的には、増殖速度を抑え転移を抑制する、ガンが成長するために作る新生血管を抑制する、ガンを自滅(アポトーシス)に導くなどの効果が報告されています。

このような抗がん剤の働きを強める効果があるほか、吐き気、食欲不振などの副作用を軽減する事が報告されています。EPAやDHAが癌治療中に併用する事で、治療効果を高めたり、副作用を低減する事が期待できるサプリメントです。

しかし、過剰に摂取すると、下痢や、血液が止まらなくなるなどの副作用もあるため、適切な量を摂取するよう心がけましょう。

抗がん剤治療中のサプリメントの摂取について

抗がん剤の多くは、増殖スピードの速い細胞をターゲットにして攻撃を与えるように設計されています。

抗がん剤 併用できるサプリメント
そのため、ガン細胞のように増殖スピードが速いものだけではなく、正常な毛根細胞や、内臓器などの粘膜細胞にもダメージを与えることになり、吐き気や脱毛などの副作用が出る事になります。

吐き気やおう吐のために、食事ができなくなるのは、このような作用がある事が理由です。

そして、さらに骨髄などの免疫力を司っている細胞にもダメージを与えます。白血球が減少するのはこのためです。

抗がん剤治療中はこのような強い副作用が出るため、副作用を低減するという目的でサプリメントを摂取する事があります。

抗がん剤で出る副作用は、逆にがんの原因となる活性酸素を作り出してしまうストレスの原因ともまります。

そのため、活性酸素を低下させるようなサプリメントに副作用を軽減する効果があると言われています。

副作用が強い場合には、ビタミンC、水素サプリなどの抗酸化作用があるサプリメントを利用してみるとよいでしょう。